ベトナム

日本人がベトナム企業で働くとは?

スポンサーリンク

2009年から2017年まで仕事でベトナムホーチミンに滞在をして、それから日本の仕事が多くなり、日本へ帰国するも、仕事で2ヶ月に1度ほどベトナムへ出張して2週間ほど滞在するような生活を送っていました。(コロナの影響で2020年の4月からはいけなくなってしまいましたが)

私はこの8年ほどベトナム企業で働いています。日本人は私一人で、入社当初は30人くらいでしたが、今は250人ほどになっていて、私以外はすべてベトナム人で、社内用語はベトナム語と英語です。

私はベトナムに合計10年ほどいるのにもかかわらず、ベトナム語はそこまでうまくないですが、今は多少はしゃべったりすることができます。ただし、ベトナム語はほとんど社内では使わなく、英語での仕事となります。

ベトナムでは、英語を話せる人は多いなーと肌感覚だが感じる。特に若い子は英語学校にいって、勉強をしているし、子供の頃から英語を勉強するという環境は整っている。

 

たまにベトナムのローカル企業の待遇が悪く、給料の支払いされない、使われるだけ使われて解雇されたなど聞いたりするのですが、私が働いている会社は非常に働きやすいです。

私が働いている会社の社長や上の人間がもともと日本との取引がある会社にいたために、日本人に対しての理解があることが大きいかと思います。

勤務時間は8時から17時30分、月曜から土曜日(午前中まで)になり、残業代はありませんが、定時に帰っても問題はありません、むしろローカルのスタッフは定時きっかりに帰ります。別に上司が働いているから、気にして働いている振りをして帰る時間を遅くしたりする必要はありません。

入社当初の給与は、月1200ドルと(研修中2ヶ月は月1000ドルくらい??)でした。

ただし、私の会社の場合は、1年の昇給の回数と割合が大きかったですので、そのあたり日系企業のように、1年に1回昇給があるというような感じではないです。

雰囲気も日本企業よりはゆるい感じはします。スタッフもFACEBOOKみたり、YOUTUBEみたり、定時から仕事するのではなく、徐々にスイッチを切り替えて行く感じがあります。(うちの会社だけかもしれませんが、、)

ただし、全体ミーティングや営業ミーティングなどや、やるべき仕事はきちんと締めてますので、切り替えはいいです。

 

給与以外の待遇や社内の雰囲気や文化は、やはり社長を含めたマネージメントによると思います。

社長やマネージメント層が外資企業や日系企業で働いていた経験などがあると、日本人スタッフの対応がうまいかと思います。

私が一番ストレスを感じる瞬間は、私が理解できないベトナム語での会議に参加しなければならないことです。2-3時間もずっとその場にいなければならないことも多く、かなり苦痛です。

他にも、仕事している中で問題点やストレスに感じることもありますが、それはベトナム企業に限ったことではないので、総合的には、非常に仕事がしやすいです。

ベトナムにある日系の企業は、ベトナムであっても、日本で働いているみたいな感じで少し窮屈に感じるかもしれませんので、私はベトナムで転職する際は、あえて日系企業は外して転職活動をしていました。

ベトナム企業で働く際は、ベトナム語ができればベストかもしれませんが、日常会話の英語ができれば十分だと思います。お互いネイティブではありませんので、コミニケーションが取れればあとは仕事で結果を出せばOKです。

ベトナムで現地採用の方は、日系企業ではなく、ベトナム企業で働いてみるのもいい選択かもしれませんので、是非トライしてみてください!

 

スポンサーリンク

-ベトナム

© 2021 ベトナムで働くビジネスマン