ベトナム

ホーチミンでハードロックダウン開始 基本一切の外出禁止

コロナの感染拡大から、8月23日からベトナムホーチミンではハードロックダウンが始まりました。

その前の7月8日からソフトロックダウンがはじまり、ある程度行動制限(デリバリー禁止、ライフラインに関わる企業だけの営業)が始まっていましたが、それでも1日の感染者数に歯止めがかからず、8月23日から2週間のハードロックダウンとなりました。

ハードロックダウン前には、買い物は1週間に一回認められるということでしたが、直前で買い物での買い物も禁止となりました。

ですので、スーパーなどはどこも大混雑となっていて、密密密で、大丈夫かと思うほどでした。

食料の調達は、買い物部隊なるものがあり、そこに頼むか、もしくあオンラインでの注文になるようですが、食料が果たしてちゃんと届くのかが心配ですが、、、とりあえず2週間分の食料を購入し、それを少しづつ食べていこうかと思っています。

 

ベトナム政府は現在WITHコロナではなく、1日の感染者をどうにかして減少させるかということに注力している状態で、経済は後回しで、人命を最優先するとしています。

今後の感染者数にもよりますが、今回のデルタ株は感染力が強いため、ベトナムのような近所のつきあいが強いコミニュティーがあるために、そこでの感染をいかに抑えていくかにかかっているような感じがします。

スポンサーリンク

-ベトナム

© 2021 ベトナムで働くビジネスマン