電話営業

電話営業/セールスコール #2

スポンサーリンク

Cold call セールスコールをうまくやりたい、電話するときに緊張するなどいろいろな悩みがありますよね。

理由を考えていくと、やっぱりどうやってセールスコールをハンドリングするかわからないから嫌いになるのであって正しい流れと心構えさえ作ってしまえばいいんですよね。

電話営業がいやな理由といえば、Rejection 拒絶されるのがいや

いやですよね、電話をかけてすぐに、「間に合ってます」とか「もう他のものを使っています」、「忙しい」とか単刀直入に「いりません」ガチャって感じで電話を切られる。私もこういった多くの経験をしています。

私の場合ですが、Rejection をまず愛さないといけないです。Rejection されるのはあまり前であって、それから営業としての仕事が始まるわけですから、Rejectionされた瞬間から来た来たー俺の出番だという気持ちで取り組むことです。

スクリプトをきちんと用意するのも、非常に重要です。60%のセールスが電話をする前に、スクリプトを用意するしてないという結果が出ています。

お客様にこういわれたらこう返す、このようにお客様からYESも勝ち取るというようなセールスプロセスが用意できてないと自信がないように映ったり、お客様の言葉をそのまま呑んでしまい、何かしらのお客様の都合でアポイントがとれなかったりしますね

自分のセールスプロセス、スクリプトを用意するようにしたほうがいいですね。

 

3)最後に自分のピッチを知ることと練習 をすることです。自分のピッチを用意して、そしてひたすら練習をすることです。

エレベーターピッチ」。

30秒・約250字で相手に自社やサービス、自分自身のことを相手に説明する方法です。

Repetition is your friend.  復唱、繰り返しをすることで、自分のピッチに自信が持てるようになりますんで、セールスコールでも同じように練習をしていくことは大事です。

セールスは電話でのフォローアップ、コールを平均1.5回までしかしません。それ以降は、諦めてしまいます。 一番重要なことは、諦めずにひたすら忍耐強くセールスコール、フォローアップをすることではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

-電話営業

© 2021 ベトナムで働くビジネスマン