ベトナム

ベトナムでの集団PCR検査

私の住むホーチミンの地区では、8月23日のハードロックダウン後に何回かPCR検査がありました。

事前に知らされるものではなく、当日住んでいるアパートの大家さん経由でPCR検査あるよ、と連絡を受けます。

検査結果は今のところ連絡なし、、おそらく陽性の場合だけ連絡が来るのだと思います。こういった場合の、PCR検査費用は無料です。

自費で病院で検査をすると、350,000ドン(約1700円)ほどかかります。

下の写真の紙は、PCR検査の際に自分の名前や電話番号を入れて検査場で係の人に渡します。

 

PCR検査は近所に住んでいる人が並んでみんなで受けるので、時間によっては混みます。

しかも毎回5人から10人くらいの陽性者が出るので、間をとって気をつけて並ばないと危険ですね。

(以前となりのアパートでは、5人の陽性者がでました)

ホーチミンでは、感染者が多い地区からレッドゾーン、イエローゾーン、グリーンゾーンとして分けられます。

このロックダウン期間に感染者が多いレッドゾーンにPCR検査を可能な限り多くし、陽性者をあぶりだし、そして隔離をして感染を食い止めようとしています。昨日9月20日に8600人となり、8月11日ぶりの8000人台となりました。

ハノイでは本日9月21日より交通制限も解除になり、特に書類などなくバイクや車で行きたいところへいけるようになりました。

信じられないですが、通行証のようなものがないと外出ができず、ないのに外出して検問で捕まった場合は、罰金となります。(3,000,000VND=約15,000円)

ホーチミンはまだまだ交通制限ですが、ハノイはコロナ拡大が抑えられているので、本日より解除となっています。

スポンサーリンク

-ベトナム

© 2021 ベトナムで働くビジネスマン