営業

営業フォローアップ

スポンサーリンク

営業フォローアップはどうしていますか?

顧客へのフォローアップって大変ですよね?

フォローアップで毎回同じことをいうわけにもいかないですし、フォローアップで何が必要になってくるのか?

 

1)スクリプト

常にどういったフォローアップ内容をするのか用意しておく。

 

2)創造性

 

電話をかける理由などで常に創造性を持った理由を作る

 

3)スピード

 

できるだけ早くフォローアップをすること

 

4)顧客への過多情報提供

 

顧客が求めている情報を常に提供をする

 

5)根気強さと一貫性

 

これはかなり大事です。1回、2回の電話で顧客がそっけない態度をとったり、もしくは反応よくなかったりするとすぐあきらめる人がいますが、あきらめずにフォローアップをする。どうしてサービス製品が顧客のために、利益になるのかをきちんと考える。

統計では、80%以上のビジネスは5回から12回目のフォローアップで受注ができるとあります。

例えばフォローアップの仕方として、

  1. 顧客が見落としている情報の提供
  2. 無料で提供できる物の用意、ギフトなど
  3. 特別なオファーの用意
  4. 写真の模型など、ギミックの効いたものを作って送る
  5. 他の顧客からの声などをおくる
  6. 顧客関連イベントなどへの招待
  7. 顧客から専門家として意見をこう

顧客との接点を企業サイトやソーシャルメディアなどで見つめ、そこから攻め入っていくのも手ですね。

顧客との接点を企業サイトやソーシャルメディアなどで見て、コモングランドを見つけて攻め入っていくのも手ですよね。

電話、テキストメッセージ、メール、ソーシャルメディア、ビデオ電話、手紙などさまざまなフォローアップ手段があるので、決してメールや電話だけでフォローするのではなく、創造性も持ってこいつはなんか違うなといったフォローアップを心かけましょう!!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-営業

© 2021 ベトナムで働くビジネスマン