ベトナム

ホーチミンでアストラゼネカワクチン2回目接種へ

昨日急遽2回目のワクチンを打つことになり、行ってきました。ファイザー製と聞いていましたが、1回目と同じくアストラゼネカ製のワクチンとなりました。

副反応は、1回目は熱やだるさがありましたが、2回目の今回は今ところまったくなく、解熱剤や色々用意していたのですが、、

また、接種会場は1回目のときよりも混んでおらず、スムーズに受けることができました。学校を貸し切りで、そこを接種会場にしていました。

 

今週9月末でホーチミンのロックダウンのやっと緩和される見込みが高く(延長だけは本当に勘弁です)、ニュースにも“10月1日より、新常態への移行を宣言 63省市、正常化作業スタートする” と出ていたので、今回は本当の本当のようです。(延長はなし!)

今までべトナムは『ゼロコロナ』を目指していましたが、「ウィズコロナ」への「ニューノーマル(新常態)」への移行を正式に発表しました。

8月23日前のロックダウン前にくらべて新規感染者数が確実に減ったかというと、そうでもないですが(1日で平均約10,000人の感染者)、死亡者数や重症者患者が減少し、ワクチン接種も進んでいる状況です。

昨日もワクチン接種で外出した際に、通常であれば封鎖されている通りが、昨日は封鎖が解除されていました。こういった封鎖も今週中に徐々に撤去されるとニュースでいっていたので、ロックダウンの解除が進んでいるのだと思います。

 

(バリケードが撤去されて道路脇に置かれています。)

(ここの通りはまだ撤去されていません)

私はこれでワクチンを2回接種となったので、ワクチン接種アプリ内でグリーンカード(2回接種を示す)を持つことができます。

グリーンカードを持つことで、ロックダウン後も色々行動が制限されずに済みますので、ベトナム在住であればグリーンカードはMUSTになってきます。

とにかく10月1日まで後少しなので、このロックダウン生活乗り切ります!

スポンサーリンク

-ベトナム

© 2021 ベトナムで働くビジネスマン