ベトナム

ベトナム越境ECの問題点

スポンサーリンク

ベトナム向け越境ECはどのように展開するべきか?

 

中国の越境ECは2008年から2015年はかなり活発でしたよね。中華系、日系の代理店が多く転売や代理購入をしてました。

中国の税関で個人向け貨物の規制が厳しくなると、徐々にこういった業者も淘汰されていきました。

 

現状大手ベトナムのローカルサイトでは、越境ECサイトはありません。以前はTIKIというローカルのECプラットフォームが展開しておりましたが

サービスをクロースしたようです。ベトナムには中国のTmallように、海外製品を直接出品できるような越境ECに特化したECモールがあればいいのですが、現状はありません。

 

SHOPEEは台湾、シンガポール、インドネシア、、ベトナム、マレーシア、フィリピンの計7カ国に展開しているECモールで、ベトナムでもTOP2に入る人気ECサイトです。

こちらは個人でも販売アカウントを登録できるようですが、現地ベトナムの電話番号が必要となります。そういったサイトに登録をして、配送リードタイムはかかりますが、売れたら輸出をするといった方法も取れると思います。ただし、下記のような問題があります。

 

1)税関の問題

日本と同様に、個人輸入で一定の個数をベトナムに入れると輸入ライセンスを求められます。

特にビューティーカテゴリーで化粧品やサプリなどを販売される場合は、輸出してもベトナムへ輸入をする際にライセンスの問題で輸入ができないといった問題があります。

ベトナムの税関は汚職なども多く、以前は問題なかったのに、今回は輸入ができないなど、突然の変更があったりしますので、注意が必要です。

 

2)支払い

ベトナムではクレジットカードの普及が日本のようにしておりません。偽物も少なからず販売されてますので、支払いは代引きが大半をしめます。

なかには、注文したけど、いらないから商品をうけとらなかったり、商品が自分のイメージと違ったなどから受け取り拒否などもあります。 

 

ベトナム市場で販売をどのように始めたらいいかなど、ご興味ある方はお気軽ご連絡ください。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

よく読まれている記事

1

こんなこと顧客さんによく言われませんか? 値段が高い 今は忙しく時間がない 必要ではない、緊急ではない お金がない 信頼していない(これは直接は言われないですが、、) こういったOBJECTIONは一 ...

2

つまり、 過去に顧客がどのような決断をして、どのような行動をしたか? 過去にどういったものを買ったか? どうしてそのものを買ったのか? どうやってその価格に納得をしたのか? また同じ製品を買いたいか? ...

3

クロージングができない、顧客が今日購入を決定できない理由の対処ができない どうしてでしょうか?   1)まずは、顧客があげるであろう理由の対処、対応の用意ができない。 こういわれたら、こう切りかえて顧 ...

4

ビジネスを無駄にしてしまう10の間違いってなんでしょう? 1、解決策を提案しない お客様が何かを買う理由は、自分の問題を解決するためにサービス、製品を購入する 2、顧客の購入シグナルを見落とす プレゼ ...

5

営業として心得ておくべきこと、どうしてお客様は自分の売っている製品、サービスを買うのだろうか? もちろん自分が提供する商品がサービスがきちんとしたソリューションとしてポジショニングをしていなければなら ...

6

クロージングルール際のルールとして 常に座っている状態でクローズをかける。顧客が条件が合わず立ち去ろうとしても、常に座って、冷静に対処をする。 常に文面で自分のオファーを確認、そして文章にしてオファー ...

 

 

 

スポンサーリンク

-ベトナム

© 2021 ベトナムで働くビジネスマン